Reporter Article Detail

Reporter Article Detail

宿毛で映画塾!8/18~8/30 in山里の家:市民記者の記事詳細

宿毛で映画塾!8/18~8/30 in山里の家

2017-06-10

宿毛市出身の映画プロデューサー&脚本家の松岡周作氏が今夏、宿毛で映画塾を開講します。
映画関係者だけでなくこれから映画にたずさわりたい、映画の世界をのぞいてみたいと考えている人はどなたでも応募でき、映画作り、とくに自然を相手にしたロケ・収録をイチから学ぶことが可能。開講は8月18日~30日の12日間で、楠山の“山里の家”で合宿しながら、実際のショートムービー制作をつうじて映画撮影の最初から最後までを学べるプログラムとなっています。

松岡氏は宿毛高校を卒業した宿毛出身者。映画界の大御所・黒沢清監督や小栗康平監督、長谷川和彦監督らに師事し、伊参スタジオ映画祭発起人として業界内でも名を知られた人物です。宿毛市ふるさと納税のPR動画「ぬっくいね~小夏と直七の物語~」では脚本・監督・プロデュ―サーの3役をこなしていただき、世界で活躍する宿毛人としてふるさとに勇気を与えてくれています。

今回、宿毛で開講される映画塾では、自然のなかでおこなわれるドラマや映画の撮影に必要な素養をやしなうことが大きな目的。通常このような映画塾は都会で多く開講されており、地方で行われるものでは映画「北の国から」の脚本家・倉本聡氏が主宰した富良野塾が有名でした(現在は閉校)。
田舎の自然のなかで開催される宿毛映画塾は全国的にも貴重な機会となっており、多くの映画人のタマゴの応募が見込まれています。

【宿毛映画塾・概要】

日程:8月18日(金)~30日(水)
会場:山里の家(宿毛市橋上町楠山41-1)
コース:脚本家コース(5~7名)
    映画監督コース(5~7名)
    俳優コース(13~15名)
年齢:16~50歳
申込方法:HPによるエントリー
応募締切:7月10日
応募資格:合宿所での生活が可能な方。プロ・アマ問いませんが講義は一様になるのでレベルに合わせた配慮はできません。
受講料:一律80,000円

※詳細は宿毛映画塾特設サイトでご確認ください。

【宿毛市ふるさと納税のPR動画「ぬっくいね~小夏と直七の物語~」】
https://www.youtube.com/watch?v=IwGlbCmG-N4