野地のアイスクリン~夏ドライブのお伴♪~

高知県民のソウルフード”アイスクリン”。
さっぱり冷たいくちどけに、かすかなバナナのフレーバー、後味もすっきり。
暑い夏に、ひとときの清涼感を与えてくれる“夏のご褒美”です

夏になると高知県の道路沿いにはビーチパラソルのアイスクリン屋が出現し、ドライブの楽しみの一つとなっています。
そんな風景も近頃は珍しくなってきていますが、宿毛には今も、道ばたで元気いっぱい営業している屋台がありますよ!
愛媛県の県境から国道56号線を南に数キロ、宿毛市野地の道ばた。
紅白のビーチパラソルの下、紫外線完全防備の売り子さんが、ドライブ客を待っています。

屋台の目の前には、涼やかな篠川の流れ、目に染みるような緑の山々、そして、底抜けに明るい青空。
日本の夏の原風景のもと、かつては日本中で食べられていたアイスクリンの懐かしい味を、ぜひ味わってみてください。

野地のアイスクリン

【野地のアイスクリン屋】
出店期間:春の彼岸~秋の彼岸の間の天気の良い日
営業時間:おおよそ10時~17時
店舗名:川田冷菓のアイスクリン
※天候や、売り子さんの都合などにより出店しない日もあります。
※あまりに暑い日は売り子さんの安全のため、休む可能性もあります。
 

アイスクリン屋台

国道56号線を愛媛県にむけて走ったところ。
ビーチパラソルのアイスクリン屋台があります。
愛媛との県境まで数キロ。
左側には透きとおった篠川の流れ。
清らかな水と、山の緑が目に染みます。
 
※初夏には道路沿いに自生するたくさんの“ねむの木”がピンクの花をつけ、きれいですよ。

宿毛市野地の道ばた

アイスクリン屋台を見つけたら、ぜひお立ち寄りを!
通りすぎないようご注意ください。
 
※急減速や急な車線変更など危険運転は禁止。他の車にお気をつけて!車にひかれない様にお願いします!
 

【アイスクリン】

卵、砂糖、脱脂分乳から作られる氷菓。
食感は柔らかくシャリシャリとして、口に入れるとスッと溶ける、くちどけの良さが特徴です。
アイスクリームよりも乳固形分や乳脂肪分が少なく、ヘルシーで後味さっぱり、懐かしい味です。
 
※日本のアイスクリームは明治2年に製造がはじまりました。その後、物資不足で牛乳などが手に入りにくくなったため、脱脂粉乳や卵を使った“アイスクリン”が誕生。一時は全国各地で作られていましたが、現在では高知県や沖縄県など一部の地域の特産品のようになっています。

野地のアイスクリン~夏ドライブのお伴♪~の他のページ