中筋川沿いの蛍マップ

ホタルの季節は5月下旬~6月上旬。
今年も中筋川や松田川沿いで、ホタルの乱舞がはじまります。
とくに平田町の中筋川ダム下流は、地元の方によって大切に守られているホタルの生息地です。
期間限定の季節の楽しみ、ぜひホタル観賞にお出かけください。

※ホタルの鑑賞ポイントは明かりが少なく、とても暗いので、明るいうちに一度下見にいき、道順、足元をご確認ください。
※中筋川ダム下流の「黒川 蛍の里」周辺には民家があります。住民の迷惑にならないよう、ご配慮をお願いいたします。

(月明かり情報)
今年の新月は5月15日(火)と6月14日(木)。
5月30日(水)の満月にかけて月明かりが増してくるので、晴れているとホタルの光が見つけづらいかもしれません。
しかし!
青い月明かりの下、ホタルの光をおいかけて川辺を散策するのも幻想的でロマンチックですよ。

「2018年宿毛市黒川のほたる状況」




【鑑賞ポイントその① 黒川 ホタルの郷について】

中筋川ダム下流のホタル生息地「黒川 ホタルの郷」について、市民記者・石原光訓さんがレポートしてくれています。
ご参照ください。
「『蛍の郷 黒川』を守る“宿毛のほたる爺さん“とは」
※ご注意!このレポートは昨年のもので、記事中の“見ごろ”の日付は今年の予想ではありません。
ご了承ください。

【鑑賞ポイントその② 梅ノ木公園~村民いこいの森】

中筋川ダム上流の梅ノ木公園または村民いこいの森に車を止めて、川辺の遊歩道をご散策ください。
外灯はないので、懐中電灯が必須です。
梅ノ木公園では川の中に飛び石があり向こう岸まで渡れるようになっていますが、転落の危険がありますので、夜は渡らないようにお願いします。

ほたる鑑賞のマナー

中筋川沿いの蛍マップの他のページ