市民祭宿毛まつり2017、こんぴら男が完走!

「市民祭宿毛まつり2017」でにぎわう宿毛市。前日までの雨もあがり、涼しい秋の一日となりました。

 午前11時40分にセレスきくち前をスタートした「こんぴら男」は、市役所裏手の本城山に鎮座する宿毛金毘羅宮まで、通常なら30分はかかる参道を約10分で完走。一番乗りの走者は9分17秒20と脅威の脚力で過酷な山道を走りきり、海の神・金毘羅さんの福をみごと、つかみ取りました。その後の走者も続々とゴールを決め、15人全員がご祈祷をうけて下山。宿毛金毘羅宮の秋の例祭が無事、幕をおろしました。

 一方、山麓の宿毛市内はお祭りムードにつつまれ、おめでたい雰囲気です。初日(7日・土)の会場となったセレスきくち前では、数々のステージイベントに出店も多数。一年に一度のフェスティバルを大勢の人が楽しんでいます。


こんぴら男、15人完走

勝者のタイムは9分17秒20

1位の西尾公志さん(27才)は出場3回目にして3連勝中!「出られるかぎりは挑戦したいです」と今後の意気込みを話してくれました。

過酷な山道を走り切った完走者たち

しばらくは息もつけず倒れこんでいました。2位の上野さん(31)は9分53秒87、3位の畑仲快斗さん(16)は10分15秒30でした。

ご祈祷してもらい、これから一年の福を祈願します

神主さん、ありがとうございました。

お祭り会場の様子

市民祭宿毛まつり2017、こんぴら男が完走!の他のページ